ああ、駄目だ。ナメクジが小鈴の周りを這っている。足音が聞こえる。

 

 ちらと見えた。それは小鈴より幼い、子どもくらいの大きさをしたナメクジたちだった。

 

「いやだ……いやだ……いやだ……いやだ……」
 

 聞こえる。這いずり回る音が……。

「阿求には見えないの?」


 そう言って小鈴は指差しました。

 

 ……やはり、そこに何かが書かれている様子はありません。ただの、白い紙です。
 

「ほら、そこに書いてあるじゃない……」

 ふらふらと歩き出した。……鈴の音だけを聞いて、歩く。
 

 ちりん、ちりん……。
 

 ちりん、ちりん……。
 

 ちりん、ちりん……。
 

 ちりん、ちりん……。
 

「あ……!」何かにつまずいて、小鈴は前のめりに倒れた。
 

 ――落ちる!

 体が下がり、縄が肌にひたりと触れて、皮膚を噛む。
 

 そこで留まった。まだ呼吸はできる。
 

 少しだけ息苦しいまま、私は決心がつくのを待っている。
 

 ボーン……
 

 ボーン……
 

 柱時計が3416322回目の鐘を鳴らす。
 

 時間――だ。

東方鈴奈庵 ホラー小説短編集

 

(4作品収録)オミシリさん/なめえもん/マヨケの鈴/もののあはれ

5/8 博霊神社例大祭13

 新屋四季 つ-24b

 

 

新刊『もののけのあはれ』

 

  文庫版294p 1600円

本文サンプル

本文サンプル

本文サンプル

本文サンプル